現在地 :ホーム  > インタビュー > インタビュー詳細

インタビュー

窓口(テラー)業務

「来てよかった」の一言が嬉しい。笑顔でお客さ
まの気持ちに沿った接客を心がけています。

埼玉りそな銀行 営業店 M.Hさん
インタビューを見る

家事や子育てにも時間が持て、お客さまとの触れ
合いもある仕事は私にピッタリの働き方です

りそな銀行 営業店 A.Yさん
インタビューを見る

窓口(テラー)業務

「来てよかった」の一言が嬉しい。笑顔でお客さまの気持ちに沿った接客を心がけています。

埼玉りそな銀行 営業店M.Hさん

乗降客が多い駅の駅前にある営業店で窓口業務を担当しているM.Hさん。地元のご年配の方など、多くのお客さまが来店されます。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

銀行を結婚退職後に、子育てがひと段落した頃に銀行スタッフとして働いていた学生時代の友人に誘われたのがキッカケでした。十数年ぶりの銀行勤務でしたが仕事の基本の流れは変わらず安心したところもありました。でも銀行業務を離れていた間にオンライン化、機械化されたことも多く、以前との違いを確認しながらの復帰でした。帰宅後すぐに夕飯の支度にとりかかり、座ってひと息つく間もなく忙しいですが、毎日が充実していますね。

仕事内容を教えてください

M.Hさん 現在勤務している営業店は、6つの窓口を社員とスタッフの数名のローテーションで対応しています。窓口では預金の入出金、振込手続き、税公金の受付等の接客業務を行っています。多くのお客さまが来店され忙しいときほど「笑顔」を忘れずにお迎えし丁寧な接客をするように心がけています。窓口では、殆どの事務手続きを完結して行います。手続きには、様々な確認事項があり、必要に応じてお客さまにご納得していただけるように説明をしたりします。
常にお客さまの目線に立ってお客さまの期待に沿えるように考えて接客をしています。少しでもお客さまが「来てよかった」と思っていただけると嬉しいですね。

これから、仕事を始める方へ

久しぶりの仕事や新しい人間関係は誰にとっても不安なことですが、子供をもつ方やブランク後に復帰して働いている方も多い職場です。それに、どんなことでも人によって考え方が違うことが当たり前なので、まず相手の意見を「受け入れる」ことが大切です。そうすれば、仕事もプライベートも上手くいくと思いますよ。

窓口(テラー)業務

家事や子育てにも時間が持て、お客さまとの触れ合いもある仕事は私にピッタリの働き方です。

りそな銀行 営業店A.Yさん

大規模なニュータウンの近くに位置し来店客数の多い営業店で働くA.Yさんは、店頭での接客を担当する窓口(テラー)として活躍中です。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

銀行の正社員として勤めていましたが、家事や子育てに十分な時間が持てない状態がとても中途半端に思っていました。転居をキッカケに「決められた時間をキッチリ働く」スタイルにしたいと思い“りそなビジネスサービス”に登録をしました。今の勤務タイプは平日に休みがあり、朝も少しゆっくりできる時間があるので、子どもと過ごす時間が増え余裕をもって家事ができるなど、今の私にピッタリの働き方だと思っています。

仕事内容を教えてください

A.Yさん 朝、出社後に事務の変更点や注意事項をチームリーダーに確認。りそな銀行の営業店の仕事には、新規口座や諸届等の手続きをする「サービスカウンター」とATMと窓口端末で税公金の納付や振込などを行う「クイックナビ」、窓口後ろで事務処理を行う「後方事務」などがあります。私はお客さまの来店状況に合わせて、店内の接客事務全般を担当しています。また、資金運用等のご相談で来店されたお客さまを相談ブースに誘導し担当者に引継ぎます。
接客では「不安を残さない」対応を心がけています。銀行の事務手続きは細かく変更されることも多いので、少しでも不安があるときは確認を怠らないようにして、お客さまに安心して頂けるようにしています。

これから、仕事を始める方へ

銀行での勤務は「覚えること」が沢山ありますが、その分「お客さまに喜んでいただけること」も多い仕事です。それに一人でする仕事ではなく、それぞれが責任をもって助け合いながらチームワークでお客さまの要望に応えられるので楽しさもあります。職場には子育て経験のある方もいて私のような新米ママには役立つ情報も多くとても助かっていますよ。

このページの先頭へ

ホームへ戻る