現在地 :ホーム  > インタビュー > インタビュー詳細

インタビュー

営業店事務

一日の仕事を無事やり遂げた瞬間、仲間と共有する充実感は最高です。

埼玉りそな銀行 営業店M.Sさん

県内有数の大規模店で後方事務を担当するM. Sさん。近隣の個人のお客さま、企業や商店など法人のお客さまが絶え間なく来店されます。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

銀行を出産を機に退職しましたが、子育て中も落ち着いたら働きたいと思っていました。折込広告で近くの銀行の営業店事務の求人を見つけ応募しました。10年振りの銀行は様変わりしており、ひとつひとつの事務に制限や確認も増え、緊張しながらの仕事でした。
研修で学んだことを現場で実践、わからないことを周りの方に確認しながら「ノート」に書き込み、そして見返すことの繰り返しで「全てがゼロからのスタート」でした。

仕事内容を教えてください

M.Sさん 今は、相談窓口の後方事務と社内の人事手続きや経費精算などの総務を担当しています。銀行の事務は係りが違えば内容も異なりますし、事務も変化することが多いので、些細なことも思い込まずに確認することが大切になります。
後方事務は、相談窓口で担当者が受付けた投資信託、定期預金、国債、外貨預金などの書類対応をしています。お客さまをお待たせすることのないようスピード感も大切にしていますが、私の仕事は相談窓口の担当者が時間を掛け獲得した契約の最終段階の事務ですので、ミスのないよう丁寧で確実な対応を心がけています。
それに後方事務のチームで協力してやり遂げていく仕事なので、一日の業務が無事終了したときは充実感がありますね。

これから、仕事を始める方へ

「働きたい」気持ちがあって、「働きやすい時間」「通勤できる勤務地」など仕事の条件が合っていたら、まず「飛び込んでみる勇気」が大切ですね。家事との両立は大変だしブランクがあると心配なこともありますが、同じような立場の方が多いので理解もありますし、働きやすい職場だと思います。

このページの先頭へ

ホームへ戻る