現在地 :ホーム  > インタビュー > インタビュー詳細

インタビュー

法人営業(融資渉外)

幅広い年代のお客さまに強みを発揮。お客さまと銀行の橋渡しが社会貢献につながります。

りそな銀行 営業店M. Iさん

進化する若者の街にある営業店で融資営業として活躍されているM. Iさん。担当エリアには多くの新興企業や老舗の商店があり、活気に溢れています。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

銀行を定年退職後に、経験を活かし社会貢献ができる仕事をしたいと思っていました。中小企業と銀行の橋渡しをする融資営業の求人案内を新聞で見つけ“りそなビジネスサービス”に応募しました。
長年、スポーツや趣味を続けており、今もランニングや筋トレを実行し体力と筋力を維持することに努めています。体力が衰えると気力も充実しません。おかげで自信をもって仕事に取り組むことができます。

仕事内容を教えてください

I.Mさん 融資営業は、法人に対して融資のご提案から始めて実行につなげていく仕事です。
取引のない企業に対してまずは挨拶からになりますね。殆どの企業には既に他行との取引がありますので、お客さまにとってメリットある提案について何度も足を運び具体的にお話します。
仕事をするにあたって、年代に関係なくお客さまを人として好きになることが大切だと思います。相手をポジティブに見ることで新しい発見もありますし、お客さまとの共通の話題が持ちやすくなります。自分が好感を持てば相手にも伝わり、お互いに以心伝心で共感できることも増え、前向きな話しにもつながります。

これから、仕事を始める方へ

名刺にある「銀行」名は異なっても、銀行での融資の仕事は社会的にヤリガイのあることですし、お客さまにも感謝され、充実した毎日で楽しく仕事をしています。お取引企業の経営者の年代は幅広いですが、同世代であれば「話題を共有できる強み」、若い世代であれば「経験からくる強み」を活かすことができます。

このページの先頭へ

ホームへ戻る