現在地 :ホーム  > インタビュー > インタビュー詳細

インタビュー

センター事務

興味をもって仕事に向き合うことで新しい知識
が増え、仕事が楽しくなります

りそな銀行 ローンプラザ K.Sさん
インタビューを見る

社会に関わりや興味がもて、チームが連携する
仕事は緊張感と安心感があります。

りそな銀行 外為サポートオフィス Y.Nさん
インタビューを見る

センター事務

興味をもって仕事に向き合うことで新しい知識が増え、仕事が楽しくなります。

りそな銀行 ローンプラザK.Sさん

西日本で取扱い案件数が一番多いローンプラザで働くK.Sさん。ローンプラザでは主に住宅ローンの事前審査から融資実行まで幅広い事務を担っています。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

一般会社の事務を結婚退職後に、折込広告で銀行の住宅ローン事務の求人を見て応募しました。銀行勤務は未経験でしたが、もともと好奇心が旺盛で「まずはやってみよう」からスタートしました。当初は銀行の沢山あるルールに戸惑うこともありましたが徐々に慣れ、仕事も銀行OBスタッフから丁寧に教えて頂きました。フルタイム勤務で子どもを保育園に預けながらの忙しい毎日ですが楽しく仕事をしています。

仕事内容を教えてください

K.Sさん 住宅ローン業務はフローで分業されており、私は主に「事前審査」事務と土日にある新築マンションなどの契約会に出勤し「契約」事務を担当しています。「事前審査」では不動産業者から提出される多くの種類の書類を扱う際に記入漏れチェックや照会などを確実に行い、見落としのないようにしています。住宅は「一生に一度の大きな買い物」、審査がスムーズに早く進むように考え、工夫をして仕事に取り組んでいます。契約会ではやはり緊張しますが、いろんなお客さまとの出会いが楽しいですね。
また、仕事に必要な資格を取得するのに自宅で学習をしたり、契約が多い時期は残業もありますが、保育園のお迎えなど実家のサポートを受けながら続けています。

これから、仕事を始める方へ

住宅ローンに関わる仕事はプライベートでも役立つ知識が身に付きますし、まだまだ「知らないこと」も多い奥の深い仕事です。銀行勤務やローン事務の経験がなくても「まずはスタート」することが大切だと思います。私も住宅ローンの全体の流れをもっと知って仕事に役立てたいと思っています。

センター事務

社会に関わりや興味がもて、チームで連携しながらする仕事は緊張感と安心感があります。

りそな銀行 外為サポートオフィスY.Nさん

東西にある外為サポートオフィスの立上げ当初からのメンバーであるY. Nさん。全国の営業店で受付けた外国為替に関する書類が集められ、膨大な事務に日々対応しています。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

銀行を結婚退職後、専業主婦を10年近く経験。子供の小学校入学を機にもう一度社会に出たいと思い、家事・子育てとの両立を考え銀行のスタッフとして復帰しました。当初は、営業店で外為担当をしていましたが、7年前に外為サポートオフィスの立ち上げと同時に異動しました。
外国為替に関わる仕事は、為替レートなど社会の動きにも影響され、緊張感がありますが、幅広い年齢層がいる職場で毎日楽しく仕事をしています。

仕事内容を教えてください

Y.Nさん 外為サポートオフィスの仕事は、各営業店が受付けた輸出・輸入、外国送金などに関わる書類が集まってきます。ここでは各チームに分かれてそれぞれの事務を一手に処理しています。事務の量が多く、それに取引種類毎に時間制限もありますので、ミスのない事務が確実に行えるよう常に心がけています。それに個人ではなくチームでする仕事なので「あせる必要ないよ」と声を掛けながらお互いにフォローして対応しています。
専業主婦の頃と比べて環境はずいぶん変わりましたが、テキパキと仕事している方を見て刺激にもなり新鮮な感じがします。通勤も主婦から仕事へ切替えるオンオフのほどよい時間になっています。

これから、仕事を始める方へ

ブランクがあって仕事をするのはとても不安だし緊張もしますが、職場の方は一生懸命に受け入れようとしてくださるので、声を掛けられるまで待つのではなく自分から積極的に行動し出来ることからすることが大切ですね。長く仕事をしていても日々変化する業界なので、常に「知ろうとする」姿勢を持ち続けることが必要だと思います。

このページの先頭へ

ホームへ戻る