現在地 :ホーム  > インタビュー > インタビュー詳細

インタビュー

本社受付

不安なことは事前の情報収集で解決して「具体的な働くイメージ」をもってスタートしました。

近畿大阪銀行S.Iさん

ビジネスパークの高層ビルにある銀行本社の受付として働くS.Iさん。来社されるお客さまは多様な業界、役職の方が多く毎日が緊張の連続です。

今の仕事をスタートしたキッカケは?

旅行会社を結婚退職後、専業主婦に。子育てがひと段落したときに、もう一度社会に出て働きたいと思い、“りそなビジネスサービス”に登録をしました。最初は銀行営業店のロビーサービスとして勤務しましたが、2年後に本社受付の紹介を受け異動しました。
専業主婦から家事と両立しながらの仕事は時間的に大変ですが、仕事にしっかり取り組みたいと思いフルタイム勤務を続けています。

仕事内容を教えてください

S.Iさん 本社の受付は、来客専用の11部屋の応接室の予約管理やメンテナンス、来社されたお客さまの誘導、お茶出しなどの接遇業務が主なお仕事です。本社の応接室は社長や役員、部長の来客時に使用されることが多く、来社されるお客さまも企業の社長や役員の方など、目上の方ばかりですので、言葉遣い、身だしなみ、所作等にも気をつかいますね。研修でひととおりのことを習いましたが、細かな動作や対応の仕方などは先輩にも教えて頂きました。
受付業務はルーティンワークだけでなく「自ら考え行動していく」ことが必要だと思います。日々、気がついたことには些細なことでも積極的に取り組むようにしています。

これから、仕事を始める方へ

専業主婦から仕事を始めるのは自分自身も家族にも負担をかけることはありますので、覚悟をもってスタートする、また家族の理解を得ることが大切ですね。気になる求人があれば事前に問い合わせるなどして不安なことは解決し、具体的に仕事をするイメージをもつことが必要だと思います。

このページの先頭へ

ホームへ戻る